診療案内

外科のご紹介

扱っている病気

一般的な外科疾患、消化器外科疾患について対応しています。

一般的な外科疾患

  • 切り傷
  • 擦り傷
  • 打ち身
  • ヘルニア(脱腸)
  • 痔(じ)
  • 乳腺のしこり(乳がん)

消化器外科疾患

  • 胆石・胆嚢炎
  • 急性虫垂炎(もうちょう)
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 肝臓がん
  • 膵がん
  • 腸閉塞

当院の外科治療の特徴

  • インフォームドコンセント(十分な説明と同意)のもと、病気と患者様の状態に応じた適切な手術を行います。
  • 「がん」の手術では、「がん」が完全に治ることを重視するとともに、患者様の生活を十分に考慮して、機能をできるだけ残し、体への負担の少ない手術法を選びます。
  • 大腸がんには積極的に腹腔鏡手術を行っています。
  • 積極的に抗がん剤治療を行うとともに、患者様の希望に応じて抗がん剤を選択します。さらに、質の高い緩和ケアや痛みのコントロールも行います。
  • 胆石・胆嚢炎には、体の負担が少ない腹腔鏡手術を行います。
  • 総胆管内の石は内視鏡で除去します。
  • 急性虫垂炎(もうちょう)も腹腔鏡手術で行います。
  • 救急患者様には、速やかに適切な対応・処置を行うとともに。必要であれば緊急手術を行います。
  • 内視鏡的胃瘻造設や中心静脈ポート留置を行い、在宅医療を支援しています。

手術について

  • いずれの病気に対しても、最も適した治療法を検討し、手術が適切な治療法であれば、患者様に十分な説明を行い、納得していただいた上で手術を行います。(インフォームドコンセント)
  • 手術前に、患者様の体の調子を十分に検査し、不都合な点があればそれを治療してから手術に臨みます。
  • 手術の際には、合併症がおこらないよう細心の注意を払っています。

がん治療について

  • 大腸がん、胃がん、乳がんの治療は東京医科歯科大学消化器・一般外科教室のそれぞれの「がん」専門医と協議し、患者様の「がん」に対して最も適切な手術法・抗がん剤治療を選びます。
  • 「がん」に対する手術では、病気が完全に治ることを重視するとともに、患者様の生活を十分に考慮して、機能をできるだけ残して、体への負担の少ない方法を選びます。
  • 積極的に抗がん剤治療を行うとともに、患者様の希望に応じて抗がん剤を選択します。さらに、質の高い緩和ケアや痛みのコントロールも行います。

担当医師紹介

杉原 健一 病院長
専門:消化器外科大腸がん手術抗がん剤治療大腸がん肝転移の治療大腸疾患の治療肛門疾患の治療胃がんの治療)、一般外科
外科専門医消化器外科専門医大腸肛門病専門医内視鏡専門医日本外科学会指導医日本消化器外科学会指導医日本消化器病学会指導医臨床研修指導認定医
東京大学医学部卒
東京医科歯科大学特任教授東京医科歯科大学名誉教授
元日本外科学会理事元日本消化器外科学会理事長元日本大腸肛門病学会理事日本消化器病学会財団評議員日本消化管学会監事日本成人病学会監事大腸癌研究会会長
豊岡 正裕 医師
専門:消化器外科一般外科腹腔鏡手術
外科専門医日本消化器外科学会認定医
三重大学医学部卒
東京医科歯科大学消化管外科学分野在籍
大川 卓也 医師
専門:消化器外科一般外科
外科専門医消化器外科専門医消化器がん外科治療認定医マンモグラフィー読影認定医
福島県立医科大学医学部卒
東京医科歯科大学消化管外科学分野在籍
染野 泰典 医師
専門:消化器外科一般外科
東京医科歯科大学卒
東京医科歯科大学消化管外科学分野在籍
藤森 喜毅 医師
専門:消化器外科一般外科
外科専門医
東京医科歯科大学卒
東京医科歯科大学消化管外科学分野在籍
織田 福一郎 医師
佐々木 恵 医師