診療案内

栄養科のご紹介

栄養科では次の3つの面で患者様をサポートいたします。

  1. 治療の一環としての食事を提供

    安心安全で美味しい食事を提供できるよう努めています。

  2. 臨床栄養管理

    より良い治療効果を上げるため栄養状態の改善に取りくんでいます。

  3. 栄養食事指導(外来栄養指導・入院時栄養指導・特定保健指導)

    管理栄養士が栄養相談をしながら食生活の改善をサポート致します。

1、治療の一環としての食事の提供

  • 医師の指示のもと、個々の患者様の病態に合わせた食事を提供しております。
  • 献立は病院管理栄養士が作成し、調理など給食管理全般については委託しております。毎月、献立や食材、調理法の検討会を行い、食事サービスの向上に努めております。
  • 患者様に少しでも楽しい食事をしていただけるよう、ひな祭りやクリスマスなど月に1度、行事食を提供しております。
    9月の行事食
    10月の行事食予定
  • 春夏秋冬、それぞれの季節を感じていただけるよう旬の食材を取り入れた季節メニューを提供しております。
    10月の季節メニュー
  • 食欲不振時、嚥下機能低下時、咀嚼機能低下時、アレルギーや嗜好などに対して、できる限り個別に対応しております。
  • 自助スプーンなどの自助具や自助食器での食事の提供にも対応しております。

食事の種類

一般食 常食・全粥食・7分粥食・5分粥食・3分粥食・流動食・経管栄養食・個別対応食
治療食 糖尿病食・心臓高血圧食・腎臓食・肝臓食・膵臓食・潰瘍食・貧血食・術後食・低残渣食・検査食など

※個別対応食では、食欲不振時や嚥下機能低下時など、栄養士がベットサイドに伺い嗜好などをお聞きしながら、献立を一緒に考えて食べやすい食事を提供いたします。

食事の形態

かたち カットなしでそのままの形態で提供しております。
一口大 一口大の1cm~1.5cmにカットして提供しております。
きざみ 0.5cm程度にきざんで提供しております。
トロミ 0.5cm程度にきざんだきざみ食にトロミ剤でとろみをつけて提供しております。
ミキサー ミキサーにかけて漉してからトロミ剤でとろみをつけて提供しております。
個別対応 粗きざみや軟らかく歯がなくても食べられるソフト食などにも対応しております。

~栄養科からのお願い~

病院で提供するお食事以外の食品(売店での食品の購入やご家族ご友人からの差し入れ)につきましては、治療に支障をきたす恐れもありますので、事前に医師又は看護師にご確認ください。ご理解とご協力をお願い致します。

2、臨床栄養管理

  • 入院時のアセスメント(自宅や施設など入院前の状況)、血液データの状況、口から食べられるかなど患者様の状態から栄養管理計画を作成し、栄養状態の維持・改善に取り組んでおります。低栄養や褥瘡など栄養状態の改善が必要な方には改善に向けての栄養管理を行っております。
  • ミールラウンドを積極的に行い、入院中の患者様の栄養状態や食事量を確認し、栄養補助食品を付けたり、食べやすい食形態を提案するなど、治療効果が得られるよう食事の調整を行っております。
  • カンファレンスを行い、栄養状態の改善が必要な方に対して適正な栄養が摂取できるよう他職種で検討しております。

3、栄養食事指導

当院では、医師の指示のもと、生活習慣病の患者様を中心に栄養食事指導を実施しています。ご希望の方は主治医または看護師にご相談ください。

管理栄養士がひとりひとりのライフスタイルに合わせた食生活の改善の提案&サポートをさせていただきます。

相談事例

  • 減量をしたいが一人では続かない。
  • 血圧が高い。
  • 糖尿病。
  • コレステロールが高い。
  • 中性脂肪が高い。
  • 痛風と言われた。
  • 何をどれだけ食べればよいかわからない。
  • 飲み込みがうまくできなくなってきた。
  • トロミ食やミキサー食の作り方がわからない。
  • 1人暮らしで退院後の食事が不安。
  • 食欲がなくて量が食べられない。

外来栄養指導

栄養相談は月曜日~土曜日午前中に予約制にて行っております。

1回の相談時間は概ね30分~45分程度です。

※予約制
  月~金曜日 土曜日
午前 10:30~12:00 10:30~12:00
午後 14:30~18:00  

入院時栄養指導

入院中の食事内容の説明や、入院前の食生活の問題点について、どうしたら退院後の食生活を改善出来るか、無理なく継続できるかをポイントに 本人、ご家族様を交えてお話をさせていただきます。

特定保健指導

特定保健指導を実施しております。

(葛飾区特定健康診査受診後、該当された方)