診療案内

消化器内科のご紹介

治療方針

腹痛、胃痛、胸やけ、げっぷ、食欲不振、吐き気、膨満感、下痢、便秘、血便など消化器症状の診療および食道・胃・大腸疾患、肝臓・胆のう・すい臓疾患の診療を行っております。胃カメラ検査、胃透視検査、大腸内視鏡検査、注腸透視検査、胃・大腸内視鏡的手術(ポリープ切除術など)腹部超音波検査などを施行。

内視鏡検査

胃カメラ検査
876人/年間(2009年)
大腸内視鏡検査
398人/年間(2009年)
2008年内視鏡検査実績一覧

ヘリコバクター・ピロリ除菌療法

胃潰瘍や十二指腸潰瘍が再発する原因の一つに、ヘリコバクター・ピロリという胃内に存在する菌が関係することが明らかになっています。

二種類の抗生物質と胃酸の分泌を抑える薬を服用することにより、この細菌を取り除く治療を「ヘリコバクター・ピロリ除菌療法」といいます。

担当医師紹介

豊岡 正裕 医師
日本外科学会専門医、消化器外科学会認定医
専門:一般外科、消化管外科、内視鏡下手術
東京医科歯科大学腫瘍外科在籍
大竹 弘司 医師
葛飾区公害認定審査委員会委員
専門:一般内科、胃腸科
宮城 英慈 医師
専門:内科、内視鏡検査、腹部超音波検査
三重大学医学部卒